ベリーダンスの小道具 bellydance

11.10.2014 Trackback:0Comment:0
ベリーダンスの小道具についての私の徒然。

私が最も好きなのはジルとシルクベール。

温かくて、優しくて、チャーミングで・・・大好き:)

これから他の小道具もやっていくかもしれませんが、永久不滅に好きなのはこの2つです。

逆に挑戦したけど、私のパーソナリティに合っていなかったのが剣でした。

エンターテイメントと言えども、どうしても人や動物を殺める道具を使うのが嫌で。

実はドイツでファイヤー系も練習したのですが、これも人に危害を加えるという印象で好きになれず。
(祀りの意味合いと捉えたら良いのかもしれませんが)

私がリアルファーのファッションアイテムを使えないのと同じ理由かもしれません。

人や動物、自然に優しく、それらと仲良くなれるアイテムが好きです☆


スポンサーサイト

トルコのベリーダンスって bellydance

11.01.2014 Trackback:0Comment:0
トルコのベリーダンスって、、、

一概にこれ!!って語る事が未だに難しい。

もちろん早いターンや力強さ、ハンドモーション、フロアワークやハイヒールで踊ったり、
独特の物もあるのだけど、

今回トルコでベリーダンスのショーを改めていくつか観てきましたが、
やっぱり人それぞれ。使う曲もトルコの曲だけではないし。

それでもやはり感じるのは"トルコ"という国とそこに住む人。

トルコ人女性の強さと弱さ、母性、少女の様な無邪気な所とか。

これを肌で感じて、知る事でやっとダンスのテクニック以外の部分にやっと入れるのだと思います。


だからこそはっきり言ってトルコへ行かずして、トルコのダンスを語るなんて本当に無理な話。

私がそれを日本で伝えようと思っても、
まだ私自身もトルコに住んだのは1年だけだし、トルコへは今回でまだ6回目だし。
もっともっともっっと勉強が必要だな〜!


今回トルコ、スペイン、フランス、ドイツと4カ国、6都市を周ったのだけど、
行く前からの先入観が覆される事、またやっぱりそうだったのね、と納得する事が沢山ありました。

その国へ渡り、その国の人と語る事。
本当に自分の好奇心が満たされて、私は大好きです!!
そして今回感じたのは、私ってどこでもやってけそう(図太いとも言う)って事です。笑
ますます人や物事に対する許容範囲が広がり、これからの道も楽しくなりそう♪

という感じで実は今回の旅は1ヶ月半で終えました。(実は今大阪にいます!)
自分自身の中ですっかり次の目標や、方向が見えて納得できたのでもう帰ろうってなりました!
各地でお世話になった方々、新しいお友達、ありがとうございました:))

当面の予定ですがレッスンの予定はありません。ショーは年始辺りからぼちぼち再開予定です。
どこかで観かけたら声をかけてやってくださいね♪

皆様宜しくお願い致します。

最後に・・・
イスタンブルで男性ベリーダンサーErhan Ayのショーも観てきましたが、
彼のダンスも3年前よりもさらにパワーアップ。
力強くオーラがさらに増してました!
彼が踊るHodjaPasaのショーは民族舞踊もレベルが高く結構見応えがあってオススメです☆